美容整形 外科 不安と安全

スポンサードリンク

ボトックス法は本当に安全?

「この目じりのしわ、もうちょっと目立たなくならないから・・・。」「ふくらはぎがもうちょっと細かったら・・・。」
こんな決して大げさにではなく、この「ちょっと」を手軽にかなえてくれる方法のひとつとして、最近、にわかに注目を浴びているのが、ボトックス法です。表情ジワ、小顔、ふくらはぎをほっそりさせる、多汗症の治療などに用いられます。メスを使わないので、身体的にも、精神的にも負担の少ない治療法です。
ボトックスというのは、A型ボツリヌス毒素を製剤化したもので、アラガン社の登録商標製品です。A型ボツリヌス毒素とは、嫌気性菌によって生産される神経毒素のひとつで、主な作用は神経伝達を抑制することです。眉間や目じりなどの筋肉部分に直接注入することで動きが抑制され、シワがなくなります。また腋などに注射することで発汗を抑える効果が期待できるのです。美容整形をぐんと身近なものにしたボトックス法ですが、これはHIVなどの感染症のチェックを受け、すべて管理された状態で生成されたものでなくてはなりません。日本で唯一厚生省から認可されているのは、アエアガン社のA型ボツリヌス菌製剤(商標名:ボトックス)のみです。ところが、最近、アラガン社のボトックスを使用していると宣伝しながらも、中国製のBTXAを使用している美容整形機関が数多く存在しているのです。どんなに身近になったとしても、医療行為である以上、安全性が第1です。「ちょっと」キレイになりたかった・・・そんな「ちょっと」が悲しい結果を招かないためにも信頼のおける機関を選ぶことが重要です。
.ad{ text-align:left; font-size:10px; font-color:#999999;
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。