シミ、ソバカスの生成とレーザー治療 美容整形 外科 不安と安全

スポンサードリンク

シミ、ソバカスの生成とレーザー治療

若い頃、夏の浜辺でこんがり日焼けを楽しんだがために、後々シミやソバカスに悩まされ、後悔することになんて・・・男女を問わず、そんな人が多いのではないでしょうか?シミ・ソバカスの原因として、「老人性色素斑」と「肝斑」が挙げられます。
「老人性色素斑」は、太陽光線に含まれる紫外線に長年にわたって当たることが原因で肌の中にメラニン色素が蓄積し、それが歳と共に、シミやソバカスとして表面に出現したものです。男女を問わず、誰にでもできます。老化現象といってもよいでしょう。
「肝斑」は、ホルモンに関係します。中高年以降の女性や妊婦に多く、ホルモン分泌のバランスの崩れが原因です。特に頬やまぶたなど、左右対称にできることが特徴です。

美容整形では、シミ・ソバカスに対する治療のひとつとして「レーザー治療」があります。皮下のシミを熱破壊することによって、シミやそばかすを除去、または薄くするのです。破壊された組織は古い角質といっしょに剥がれ落ちます。術後は1週間ほどかさぶたになりますが、範囲が狭い場合はほとんど気になりません。痛みもさほどなく、シミであれば通常1回か2回、ソバカスはたいてい1回のみで消えてしまいます。
ただし、すべてのシミ・ソバカスにてきめんに効果がある、とは言えず、レーザー治療後、2〜3週間で戻ってしまうこともあります。それでも、徐々に薄くなり、ゼロとは言わないまでも、かなり目立たなくなることは期待できそうです。ただし、美容整形はあくまで最後の切り札! まず、できないようにするために、規則正しい食生活と睡眠、日焼け対策を心がけたいものです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
.ad{ text-align:left; font-size:10px; font-color:#999999;
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。